大人が音楽を始めるにあたっておすすめの音楽教室や教室に関連するコラムを配信しています!

プレゼントでもらった楽器を少しでも長持ちさせる方法

演奏が上達するには、レッスンに通うだけではなく、毎日コツコツ練習することが大切です。そのためには、自分用の愛器を持つことが理想的です。とはいえ、いきなり購入するのは勇気が要るかもしれません。もし、音楽教室を途中で辞めたら、せっかくの費用が無駄になってしまいます。そんななか注目されているのが楽器のプレゼントを行っている「大人の音楽教室」の存在です。これから音楽を始める人は、ぜひとも調べておきましょう。


大人の音楽教室で行われている楽器プレゼントとは?

みなさんのなかには、小さいころに音楽教室に通った人もいるでしょう。そのひとつにピアノ教室があります。ピアノを始めた動機として、親が習っていたのでピアノがあった、親戚からオルガンを譲ってもらったなど、いろいろなケースが考えられます。それらが手の届く範囲内にあると、ふだんの練習もはかどります。もちろん、指を左右別々に動かす練習だけなら、膝の上や机の上でも可能です。また、学校の休み時間に教室のオルガンを弾いてもよいでしょう。

しかし、レベルが上がるにつれて、ピアノの必要性を感じてきます。しかも、ピアノを習う場合は、オルガンではなくピアノで練習するほうが望ましいのです。これはあくまでも一例ですが、バイオリンやトランペットなどを習う場合も同じです。いつでも練習ができる環境にあるほうが便利ではないでしょうか。

そのような環境が整わない人にとって、大人の音楽教室が行っている楽器のプレゼントは大変魅力的な存在です。こちらのサービスを展開しているのは一部の音楽教室ですが、なぜ、そのようなことができるのか気になりますよね。メーカーからの直接仕入れや大量買付などの背景があるため、安価で良質な製品が入手可能になるのです。具体的には、ピアノやギター、バイオリンなど多岐にわたります。ただし、無料レッスン当日に入会するなどの条件はあります。ほかにも事前に確認すべき点は少なくありません。それでも、レッスンを受けるかどうか迷っている人にとっては朗報ではないでしょうか。

なお、楽器の種類にもよりますが、数万円や数十万円どころか、一軒家が購入できるくらい高価な機種もあります。もちろん、そのような名器がなくても大丈夫です。初心者のうちは特別な機種を持たなくても十分演奏ができるからです。大人の音楽教室への入会を迷っている人は、これを機に前向きに考えてみましょう。


プレゼントされた楽器を長持ちさせるには?

「モノを大事にすること」はいつの時代でも忘れてはならない大切な心掛けです。ふだんから使っているモノはもちろん、ほかの人からプレゼントされたモノには「特別な思い出」があります。贈り主の厚意を無駄にしないためにも、日頃からきちんと管理する必要があります。また、少しでも長持ちさせたいとの想いが大事ではないでしょうか。

具体的な手入れの方法は楽器によって異なります。練習終了後すぐに行うだけでなく、使わないときもきちんと管理することが大事です。もし、手入れを怠ると、きちんとした音が出なくなるため、満足した演奏が期待できなくなります。また、見えない部分での劣化が進むリスクも否定できません。

そのひとつ、トランペット演奏後には次のようなケアが必要です。トランペットを演奏すると指紋や水抜きの付着した跡などが残り、錆や変色の原因にもなります。それを防ぐためには、クロスを使って汚れを取り除きましょう。内部の錆対策も重要。ウォーターキーからの水抜きを忘れないことがポイントです。スムーズな動きを保つためには、ピストン部分へのバイブオイル注油も行いましょう。ほかにもケアすべきパーツがあるため、週1回や月1回などのサイクルで入念な掃除をするように心掛けたいですね。

次は、ギターの手入れについて考えましょう。ギターを長持ちさせ、快適な演奏を楽しむためには、弦の扱い方が重要です。演奏終了後は、弦に付着した汗をクロスで拭き取るほか、定期的な弦の交換を心掛けましょう。また、月1回くらいは指板にオイルを塗って手入れする必要があります。そうすることで、指板上にあるフレットの端部分が飛び出したり、演奏中にフレットで手を怪我したりするのを防げます。

なお、楽器を触る前に手をキレイにすることは常識中の常識です。これは、プレゼントされたものに限ったことではありませんので、日頃から習慣付けておきたいですね。


楽器の取り扱いでやってはいけないこととは

楽器は、演奏家にとっては自分の命と同じくらい大切なものです。もちろん、趣味で音楽を楽しむ場合でも同じではないでしょうか。そのためには、取り扱いには十分な注意が必要です。趣味のサークルなどで、キーボードなどの設定を手伝うことがあるかもしれません。しかし、持ち主に断りなく勝手に触るのはNGです。善意の行為がアダになることを知っておきましょう。

楽器にとって湿気は大敵です。使われている材料が湿気の影響を受けることが大きいからです。また、一時的な保管も含め、保管するときは温度差が少ない場所を選ぶこともポイントになります。汚れや衝撃から守るために、専用ケースに入れることも大事です。ケースにはハードケースとソフトケースがありますが、外部の衝撃防止のためには前者を選ぶとよいでしょう。

ピアノ(オルガンも)を自宅に迎えるときは、設置場所が大きな課題になります。けっこう場所を取るため、ピアノの上にモノを置く人もいるでしょう。また、花などを置いて部屋を飾る人もいるかもしれませんね。しかし、これらはやってはいけない行為です。特に、水が入ったものを置くと、転倒したときにピアノ内部に水が入ってしまいます。湿気の溜まりを防ぐにも、ピアノをすっぽり覆うカバーを使わないことが大事です。

なお、音楽教室や公共施設に設置されているピアノやオルガンなどは多くの人が使います。もし、それらに触る機会があるときは、汚したり傷付けたりしないように大切に扱う必要があります。演奏前に手を洗うことはいうまでもないでしょう。ピアノなどの近くに飲食物を置かないことも大事です。なんらかの拍子に被害が及ぶかもしれないからです。このように、楽器を扱うときは常に細心の注意を払うように心掛けましょう。


まとめ

音楽の演奏を楽しむためには、楽器はなくてはならない大切なものです。購入をためらう人にとって、楽器のプレゼントを受けられる大人の音楽教室はありがたい存在といえるでしょう。せっかくの愛器を長持ちさせるには、日頃からの手入れが大きな鍵を握ります。大事に使うためには、絶対やってはいけないNG行為を知ることも必要です。自宅での練習時はもちろんのこと、音楽教室などで演奏するときも取り扱いには十分注意しましょう。