大人が音楽を始めるにあたっておすすめの音楽教室や教室に関連するコラムを配信しています!

コンパクトな見た目がかわいい!ウクレレの魅力とは

趣味サークルの発表会、ボランティア活動の交流会など、私たちが社会と接する機会はいろいろです。また、そのような場所に出掛けることで、新たな出会いも期待されます。会場に流れるBGMを耳にして、その楽器への興味を見いだすかもしれません。ウクレレもそのひとつ。こちらの楽器は、ほのぼのした明るい音色を奏でる点に特徴があり、フラダンスを踊るときの定番音楽としても知られています。ここでは、ウクレレならではの魅力を紹介していきましょう。


ウクレレとはどんな楽器なのか

ウクレレ(ukulele)はアロハ・ステートとも呼ばれるハアワイアン音楽の楽器です。こちらの楽器には、ポロロンといった明るい音色に大きな魅力があります。また、サイズが手頃な機種が人気で、いつでも、どこでも演奏できるメリットでも注目されています。ウクレレはギターを小さくしたような形をしていますが、ボディにくびれのないパイナップル型なども存在します。また、ギターよりも弦の数が少ない点などもウクレレの特徴といえるでしょう。

ウクレレにはいろいろなサイズが存在します。基本となるのは「ソプラノ」で、女性や子どもはもちろん、初心者向けの楽器としてもおすすめです。また、中サイズの「コンサート」もよく知られる機種です。こちらは、大きいサイズの楽器を好む人に向いているでしょう。ほかには、これら2つの機種の中間的な「ソプラノロングネック」、テナースケールのネックを持つ「コンサートロングネック」などもあります。さらに、ソプラノよりもさらに小さい「ベビーサイズ」、テナーよりも大きい「バリトン」なども存在します。もし、複数のウクレレを目にする機会があるときは、これらの特徴を比較するとよいでしょう。

ウクレレに使われている木材にも注目です。こちらの楽器をつくる木材には、ハワイアン・コア、アカシア、メイプルなど、実にいろいろな種類があります。ひのきや桜も使われることから、身近に感じる人もいるかもしれませんね。楽器の製造工程なども見逃せません。一枚板(単板)のものや、板を張り合わせたもの(合板)もあり、木材の種類とともに、楽器の音色を大きく左右されるといわれます。なお、同じ木材からつくられた楽器でも木目がまったく同じものは存在しません。そのため、楽器を購入するときは実店舗で確認したほうが納得いくのではないでしょうか。


大人からウクレレを始めても大丈夫?

ウクレレはギターを小さくした楽器とのイメージがあり、ギター演奏の経験を持つ人は弾きやすいかもしれません。もちろん、ギター経験がない人も大丈夫です。ウクレレはコンパクトサイズがあるため、老若男女問わず、いろいろな人が演奏できる大変身近な楽器といえるでしょう。ちなみにギターの弦は6本ですが、ウクレレの弦は4本です。また、ソプラノなどの小さい機種を使うと、左手の移動範囲が少ないこともメリットかもしれませんね。

ウクレレを習うためには、大人の音楽教室に通う方法も選択肢のひとつです。音楽教室のなかには、入会時に楽器がもらえるところもあるため、教室探しの条件に入れてもよいですね。もちろん、その場の雰囲気も大事です。特に、趣味で楽器を楽しみたい人には、肩の力が抜いて過ごせる場が必要ではないでしょうか。そのためには、グループレッスンの教室を候補に入れるとよいですね。

日頃の練習成果を発表できる機会も必要です。さいわい、ウクレレにはフラダンスのイメージが大きく、フラダンスサークルとのコラボなど、いろいろな活躍の場があります。楽器のジャンルやグループの垣根を越えての交流も楽しみ。ギターはもちろんのこと、三線やピアノなどとのコンサートも人気です。同じ時間と空間をともにすることで、ほかの楽器の魅力に触れられます。また、いろいろな世代の人と知り合いになれるなど、思わぬメリットも期待できます。

なにかとストレスが溜まる現代社会において、楽器が演奏できると気分転換にもつながります。そのためには、扱いやすい楽器を選ぶことが大きなポイントです。音色が明るく温かみを感じられることも条件に入れたいですね。楽器演奏の経験がある人はもちろん、学校の授業以外では楽器に触ったことがない人も、これを機にウクレレを始めてみましょう。


ウクレレを上達させるためには何をすべき?

ウクレレは大変かわいい楽器で、演奏する人はもちろん、聴いている人までハッピーな気分にさせてくれます。ウクレレをひとりで弾く場合は、メロディーを奏でる方法や、メロディーを口ずさみながら伴奏する方法があります。

より高度な演奏ができるようになると、ウクレレに触れるのが楽しくなります。最初は、基本となるコードを覚えることから始めましょう。具体的には「C」「F」「G7」(7は小文字)の3つです。それらをマスターすると、ハ長調の曲の弾き語りが可能になるからです。

もちろん、多くのコードを使い分けたほうが表現も豊かになります。しかし、最初から欲張らないほうがよいでしょう。ちなみに、ウクレレはハ長調で弾くことが基本です。そのため、曲によってはハ長調に移調する必要性がでてきます。コードの位置を覚えると、弦を見なくても演奏できるようになります。それまでは、楽器の向きを少し傾けるとよいでしょう。演奏中に姿勢が悪くなるのを防ぐことができます。

ギターでは右手にピックを持つこともありますが、ウクレレの場合は指だけで演奏します。右手で指板を押え、左手でストロークを弾けるようにしましょう。ストロークとは、リズムに合わせて楽器をかき鳴らす奏法をいい、効率的な練習にはメトロノームに合わせることがポイントです。四分音符から始め、慣れてきたら八分音符も組み合わせます。また、上の弦から下の弦へかき鳴らすだけでなく、その逆方向の動きができるようにしていきます。ストロークができるようになると、アルペジオ(分散和音)に挑戦してもいいですね。音階が弾けるようになると、メロディーが奏でられる楽しみにもつながります。

このように、いろいろな可能性が秘められたウクレレは、リーズナブル価格で入手可能な点でも人気です。気になる人は手に取ることからスタートしましょう。


まとめ

フラダンスとの相性が抜群のウクレレは、ポロロンという暖かみの音色を感じさせる楽器です。お手頃価格で持ち運びしやすい点でも注目されています。これらは、楽器選びの大切な条件ではないでしょうか。また、簡単なコードだけで演奏できる点も見逃せません。人間、いくつになっても前向きな気持ちを持つことが大事です。そのためには、自分の趣味や得意分野を通じて交流の場を広げていきましょう。これから、楽器演奏を始めたい人はukuleleを候補に入れるとよいですね。