大人が音楽を始めるにあたっておすすめの音楽教室や教室に関連するコラムを配信しています!

大人の音楽教室で、フルートを吹いてみよう

フルートは義務教育でも教えられるポピュラーな楽器ですが、演奏方法となると正しく知っている人は意外に少ないのではないでしょうか。大人の音楽教室でもフルートは人気の高い楽器であり、毎年受講者が殺到するようです。音を出すことさえも難しいとされるフルートを吹きこなすためにはどのようなトレーニングが必要となるのでしょうか。教室選びのポイントをふくめてまとめましたので、初心者の方はとくに参考になさってください。


フルートが吹けるようになるために必要な要素

フルートの練習は、一般的にはヘッドパイプのみで行われています。初心者の場合、楽器を持つことそのものに慣れていないので、いきなりすべてを組み立てたフルートで練習すると、負担があまりにも大きくなり、よけいな体力が失われます。できるだけ上達を早くするために、効率を重視するのではなく、まずは分解された状態でトレーニングを重ね、体力的にも自信がついたら組み立てられたフルートで本番さながらにレッスンを行い、上級テクニックを身につけるというプロセスが自然です。経験の浅いうちから無理をして高度なトレーニングをつづけると、フルートは予想以上に肺活量の必要な楽器であり、ひどい場合には酸欠状態に陥る危険さえあります。

音楽教室にはプロフェッショナルの講師がそろっているため、安全のためにもトレーニングにあたってはプロのアドバイスに従いましょう。フルートの音の良し悪しは、唇の形によってほぼ決まると言っても過言ではありません。金管楽器ですので、正しく音を出すためには「唇を適度に開いて、閉じる」ということが基本となります。まず、このアンブシュアを確実に体得するために、初心者にとっては、トランクパイプとフットパイプを外して「音を出す」ことに集中するトレーニングを実践することが不可欠です。正しいアンブシュアを作る際には口の中の状態を整えることが重要です。

アンブシュアには「ひらがなを発音するときの口のイメージ」と「あくびのときの口のイメージ」の2つのタイプがあるとよく言われています。喉を適度に開くことで、吸い込んだ息をフルートに効率よく吹き込み、吸った空気をそのまま音に変えることができれば成功です。口角を上げると、下唇が自然に平らになります。できるだけ上唇を柔軟にし、下唇よりも少し前に出してください。これを行うことで、演奏中も適切に呼吸することができます。初心者のうちはブレスのタイミングにばかり気を取られがちですが、リズムに乗って音を出せていれば自発呼吸によって自然に息継ぎを行うことができます。


フルートで初心者が苦労するポイント

演奏においては息を吸い込むこと以上に、吐くことのほうが重要になります。吐き出すことができなければ、次の息を吸うことはできません。ビギナーのうちはとにかく、適切なタイミングで息を吐くトレーニングをつづけましょう。息を吐き出した後、息を吸う。このシンプルな動作を繰り返すことで、美しい音は構成されていきます。ヘッドパイプだけであれば息継ぎもしやすいですが、組み立てた状態では倍以上の呼吸量が必要となるため、ヘッドチューブの段階で少なくとも4秒間息がつづくほどの肺活量レベルにしておきましょう。

ヘッドパイプのみの練習ではうまく音が出せたとしても、いざ組み立てた状態音を出そうとすると、「イメージ通りの音が出ない」という経験をする人が多いと思われます。その場合は「音の迫力をもとめる」のではなく、「美しく反響させる」イメージを持ってください。ローマは一日にして成らず。演奏で満足のいくサウンドを生み出すには、とにかく腰を据えたトレーニングが必要となります。何時間も練習する人が必ずしも成功するとは限りません。しかし、何度も繰り返し意識的に練習したことは体が必ず覚えています。音が劇的に変わらなくても、諦めずに練習してください。

半年以上トレーニングを重ねても上達の気配が見られない場合には、基本的な組立方法、ヘッドパイプの位置、演奏時の姿勢、アンブシュアの基本形などの事柄をチェックしてみてください。これらのうちどれかひとつでも間違っていれば、美しいサウンドを生み出すことはできません。基本事項を確認するだけでも音色がかなり改善される可能性があるので、まずこれらを調べることが重要です。


フルートを上達させるためには何をすべき?

フルートの演奏においては、正しい姿勢の維持が何よりも大切です。「肩幅まで足を開く」、「フルートを水平に保つ」などの基本を守っていない場合、どうしても息が浅くなり、適切に呼吸できなくなります。フルートをリラックスした状態で持ち、肩幅まで足をきっちり開くことで空気の通り道が確保され、自然な音色を響かせることができます。それでも上達しない場合、口のかたちが正しくない可能性もあります。

ロングトーンは基本的なテクニックであり、すべての管楽器において必要となるスキルになります。発声においてはロングトーンもよく使われる技法で、ピッチを安定させて長く聞こえるようにするのが重要になります。ロングトーンが良くなると美しい音が奏でられ、それはつまり音がよく反響していることを意味します。ロングトーンを体得すれば自然に、ブレスやアンブシュアの基本を身につけることにもつながります。美しい音を出すには、唇のしなやかさ、ブレスのタイミング、そして空気圧を調整することが不可欠です。大きな消しゴムがある場合、それを右の親指とフルートの間に挟む方法があります。これにより、音の揺れが大幅に改善されます。自宅などで練習すると場所によっては、家具などが音を吸収している可能性があります。

その場合、できるかぎり高い所で吹くことによって、障害物の影響を受けにくくなり、音が正しく反響しやすくなります。あらゆる楽器のトレーニングで大切なのは決してあせらないことです。初心者であるほど、そしてトレーニングに熱心であるほど早い段階から上級テクニックにチャレンジしようとしますが、基本のないうえに応用は成り立ちません。まずは大人の音楽教室での地道なトレーニングによって基礎をきっちりと固め、そのうえで少しずつ上級テクニックに移行するのがオーソドックスな上達法といえます。


まとめ

大人の音楽教室でも、フルートはつねに受講者が殺到する人気の楽器のようです。とくに初心者の間で人気が高く、いつかはプロレベルの腕前を身につけたいと憧れる人も少なくないようです。ブレスやアンプシュアなど基本となる要素をきっちり体得して、ひとつずつステップをのぼっていくイメージで上達していきましょう。